読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

exp777.hatenablog.com

頭の中はゲームでいっぱい

かわいそうなチーター

マリオカートWiiのネット対戦でチートを使ってズルする人が出没する動画を見た。その人の歪んだ心情を感じてどうにかできないものかなあと思った。

この動画はすごく上手いプレイヤーがテクニックを駆使してチーターを倒すという、見ていて爽快なものなんだけど。
チートを使う手間をかけるほど好きなゲームで、でもみんなと同じようには戦わず、ルールを破って異常な能力を手に入れて、その力で1位を目指すのではなく他のプレイヤーの嫌がらせのみに執着して、それでも自分の思い通りにはいかない、このチーターはどんな気持ちで遊んでいるんだろう。
自分の「強さ」を実感するにはコンピュータプレイヤーをいじめるだけでは足らずネット対戦をするのか。人間を相手にする以上、相手だって勝とうとするんだから相手にはない強さを手に入れなければ勝てない。そこでチートという偽物の強さで得た勝利に何を見出しているのか。自分だけ別のゲームをやっていることに気づいているのか。
根本にあるのは何の苦労もなしに一番になりたいという子供じみた欲望なのかなあとか、手段はなんであれ人と違う能力が手に入れば楽しいのかなあなんて想像するんだけど、マリオカートWiiは3年以上前に発売したゲームだという事実が狂気を感じさせる。そう新しくもないゲームになぜ執着するのか。3年以上もこんなズレたことを続けているのか、それとも最近になってようやく手に入れてこんなことをしているのか。人気があってプレイヤーが一定数いることとチートの手段が確立されてること、単にそれらが揃っていただけなのかなあ。
競技として見ればルールを守らないプレイヤーは絶対に許せない。だけど遊びとして、こういう人とも本当の意味で一緒に遊べるゲームって作れないかなあとぼんやり考えるわけです。