読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

exp777.hatenablog.com

頭の中はゲームでいっぱい

ポケウッド

PWTをやると書いたけど先にポケウッドを攻略した。すべてのグッドエンドを達成してトレーナーカードの色が変わった。
撮影の時と鑑賞の時のギャップがおもしろい。ただのついたてがVFXでどんな怪物になるのかワクワクする。
詰将棋ならぬ詰ポケモンとしてやりごたえのある映画もいくつかあった。急所に入るとかで想定外になることもよくあるけど、プラスに働くこともあるしこのアバウトさがポケモンなのかなあと思う。
隠し要素となるカルトルートも良いシステムだと思う。言われたとおりに課題をこなすのではなく、こんな展開になったらどうなるんだろう?と試行錯誤できて、映画を作るというモチーフとマッチしてると思う。好きなポケモンを使えるのもポケモンらしくてイイ。
対戦要素を短く手軽に遊べるポケモンならではのゲームだったので大満足。